隅田川花火大会の打ち上げ場所はどこ?人数はどれくらい?

毎年7月の最終土曜日、東京の夜空に大輪の花火が咲き乱れる「隅田川花火大会」。

 

もともとは8代将軍徳川吉宗が、疫病に苦しんでなくなった方々の弔いのために行われた行事が始まりとされる、由緒正しい夏の風物詩です。

 

ここでは「隅田川花火大会」の楽しみ方をまとめてみました。

 

特に気になる方が多い打ち上げ場所や人数についてもレポートします。

 

 

東京三大花火大会のひとつでもっとも打ち上げ数が多い隅田川花火大会

 

隅田川花火大会は、毎年8月に行われている江戸川花火大会と東京湾大華火祭と並ぶ「東京三大花火大会」の一つ。

 

7月末ということで梅雨も明け、夏休みも始まっていることもあり、夏休みの思い出つくりにと家族総出でお出かけされる方も多い人気の花火大会です。

 

 

その人気の一つが花火の打ち上げ数の多さです。

 

隅田川花火大会の打ち上げ数は約2万発と、東京で開催される花火大会ではトップクラスの玉数を誇ります。

 

参考までに他の花火大会を見て見ると

 

・江戸川花火大会では1万4000発
・東京湾大華火祭は1万2000発

 

といいますから、隅田川花火大会のダイナミックさがお分かりになると思います。

 

ちなみに、日本で一番花火の玉数が多い花火大会ですが、長野県・諏訪湖祭湖上花火大会の約3万9000発です。

 

実は以前まで大阪の「教祖祭PL花火芸術」が12万発と、度胆をぬく玉数を発表していましたが、のちになって発数の数え方が他の大会と異なり独特であったことがわかりました。

 

教祖祭PL花火芸術の12万発を通常の数え方に照らし合わせますと、2万発にあたります。

 

それでもなかなかの玉数を誇る、関西屈指の花火大会だと言えることは間違いないですね。

 

隅田川花火大会の人数は?打ち上げ場所とゆっくり見る裏技!

 

隅田川花火大会の人出はかなりのもので、例年ですと90万人から95万人と発表されています。

 

関東エリアですとテレビ東京での中継もあるほどですので、その注目度のほどがうかがえますね。

 

100万人近くの方が花火目的で押し寄せるわけですので、もちろん混雑も想像以上のものです。

 

そこで、隅田川花火大会が開催される打ち上げ場所を事前にチェックしておきましょう。

 

 

打ち上げ場所ですが、

 

・第一会場は桜橋下流から言問橋上流付近
・第二会場は駒形橋下流から厩橋上流近辺

 

となっています。

 

参考:あなたのお役立ちサイト【キラリアン】

 

第一会場と第二会場どちらがいいの?という気になるポイントですが、第一会場では趣向を凝らした花火大会が、第二会場ではスターマインなど壮大な花火が行われていて甲乙つけがたいという所です。

 

また、花火といえば場所取りが明暗を分けるといっても過言ではありません。

 

といっても、100万人近くの人数が出る隅田川花火大会、ちょっとやそっとでいい場良を取れないことは明らかですよね。

 

実は隅田川花火大会をゆっくり楽しむ裏ワザの一つが、有料席を事前に用意して大会に臨むという方法です。

 

隅田川花火大会の有料席の取り方ですが、「市民協賛金」として寄付をした特典として特別観覧席にご招待!という形でゲットできます。

 

 

「場所取りをしたり込んでいるところで見るのは疲れる」「近くでゆっくり見たい」という場合は、有料席を申し込みましょう。

 

隅田川花火大会の有料席は、市民協賛金として寄付を募集して、そのお礼として特別観覧席に招待するという仕組みになっています。

 

特別観覧席の場所は、台東リバーサイドスポーツセンター少年野球場(第一会場の横)です。

 

しかもお値段がかなり安く、5人で6000円と頭割りすればひとりあたり1250円!これは他の花火大会と比べてもお得です。